建設の一連の流れを一挙大公開

【小学校建設完了までの流れを一挙大公開!?】

 

3月5日に開校式を迎えた小学校の建設作業の一連の様子をお見せしちゃいます!

これであなたも明日から小学校建設ができてしまいます!

では、スタート!

 

そもそも大前提として、僕らだけで小学校は作れません。
現地の大工さんを手配する必要があります。
今回も例外なく、現地の大工さんと一緒に建設作業を行いました!
(こういうところでも雇用を生み出しているんですね)

 

建設作業、まずは何もない敷地に校舎の土台作りをします。
この作業は完全に僕らにはできないプロの仕事です。
IMG_3155

その間は、土台の中に運ぶのに必要な土とセメントを作成中。
IMG_3163

土台ができたら次はレンガ運びとレンガ積みです。
先ほど作ったセメントとレンガの出番です。
このレンガ積みの作業も僕ら学生が手伝いましたが、出来栄えはやはりプロに劣るものです。
レンガを積むだけで校舎のような箱になります。
IMG_3157IMG_3156
次は、大工さんがレンガにセメントを縫って外壁をしっかり固定。
次に屋根作り。瓦を付けます。
僕たち学生は、瓦を運ぶ作業としてお手伝いしました。
IMG_3398
そのあと、教室に土と石を運び床を作る土台作り。
IMG_3394IMG_3397

これでほとんど箱としての校舎は完成です。
あとは、教室の床作りと室内外壁のペンキ塗りが主な残りの作業です。

 

教室の床は、岩→土→水→セメントの土、で長い定規のようなもので平らにすることで綺麗に床が完成します。
IMG_3393IMG_3395IMG_3396

 

そのあとは窓のペンキ塗りと取り付け、外壁のペンキ塗り。
窓のペンキ塗りは子どもたちも手伝ってくれました!
IMG_3319

外壁もペンキも使って子どもたちとみんなで作成。
IMG_3323IMG_3325
僕らもペンキ塗りの作業は行います。
みんなの夢を乗せて壁紙にペンキ塗り
IMG_3344IMG_3401

机の角をやすりで削って教室に入れれば完成です!!!!

このような流れで小学校建設ができます!

いかがでしょうか。参考になりましたか?
また、画質の良い子どもたちの写真はアップするのでお楽しみに!!

 

関連記事一覧

  1. S_6536208285376
  2. waffle0_image_57429926cd496
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。